Tuesday, March 08, 2011

ホームステイ






    娘を見送る女房が少し淋しそうにしていて

    私も少し淋しくなった。





Blogged with the Flock Browser

6 comments:

ondoyama said...

我が家の娘が始めてホームステイに行ったときは、最初は泣いていたといっていました。
でも、また行きたいといって帰ってきました。
たくましくなって帰ってくると思います。

Lucia said...

我が家ではホームステイを受け入れる側でした。
台湾の女の子。
言葉はずいぶんとしゃべれたからコミュニケーションは問題なく。
彼女からもらった思いでは
今でも覚えてます。
きっとお嬢様も、HS先で
いろんな経験をされて
素敵なレディになって帰ってきます。
そして
素敵な思い出を滞在先で分けてあげるほど
成長されて帰ってくるのですね。
楽しみですね…!

Milu said...

素晴らしい体験ができますね。
夢に夢中であれば、行く本人は全く寂しくないと思いますが、待っている側は寂しいですね。
どのくらいの期間なのかしら?
多くの事を学んで来るでしょう。 ^^

bonkley said...

ondoyama さん

これからの人生の、何かきっかけにでも
なってくれればと思っています。
でも、経験がない私にとっては、少しうらやましくも
あります。最近の子は贅沢ですよね。


Miluさん

期間は10日間と短いんでよ。
ホームステイ先はオーストラリアのパースで
すごくいいところみたいです。
来年は私も行ってみたいと、ひそかに思っています。

sumiretti.com said...

オーストラリアはい今、夏が終わって秋に移行してる頃でしょうか?
娘さんは中2でしたっけ?

我が家の息子も大学へ行ってた頃、
バイトとの両立でお金をためて
台湾、韓国、アメリカと旅をして
色々な経験をしてきたようです。

今では社会人になってあまり自分の時間もなく、大学時代にもどりて~とこぼしています。

きっと娘さん、色々な経験をして
とびきりの笑顔で日本に帰ってくることでしょうね♪

bonkley said...

Luciaさん

コメントありがとうございます。
若いうちから世界を実感できる、いい経験だと思います。
Luciaさんのように素敵なレディになって帰ってくる
ことを期待してます。

sumirettiさん

娘は4月から高校生になります。
早いものです。こっちに帰って早4年になります。
日焼けして帰って来てくるのを楽しみにしています。