Sunday, April 22, 2018

堀田食堂

IMG_0421

 JR筑肥線浜崎駅前に堀田食堂はある。今ではチェーン店のコーヒーショップやハンバーガー屋が駅前を占拠しつつあるが、今も頑張っている大衆食堂を見るのはうれしいものである。
 昨年の夏、浜崎駅を訪れた時からこの食堂が気になっていた。鄙びた駅舎とともにこの食堂が駅の歴史を物語っている。佐賀新聞の記事によればこの堀田食堂は、大正時代に開店したらしいから駅の開業とほぼ時を同じにしている。
 紺色の暖簾には右から親子丼、ラーメン、チャンポン、カレー、うどんと書かれていた。時刻は正午前、その暖簾をくぐって店の中に入った。

 店内に張られたメニューを見て悩んだ挙げ句、ラーメンといなりを注文した。本当はラーメンと炒飯を食べたかったのだが、半炒飯がなかったので仕方なくいなりにしたのである。
 写真がそのラーメンといなりである。たこ焼きのような形をしたいなりに、そして白濁ではない澄んだスープのラーメン。ラーメンにはチャーシューではなく豚肉ともやしにネギが乗っていた。九州では珍しいスタイルである。
 ひとくちスープをすする。失礼だがあまり期待していなかったが、すっきりとした中にも深みがあるスープでなかなか美味い。おそらく豚で取ったスープに、魚介類系を合わせたのではないかと思われる。ネギが甘く際立ちスープを引き立てていた。
 
 間違いなく堀田食堂のラーメンは、この界隈の人たちのソウルフードだろうと思う。帰省すると必ず食べる人も多いのではなかろうか。
 このラーメンで大きくなった若者が、やがて白濁の豚骨ラーメンに出会い、その違いにショックを受け、ラーメンとは何ぞやと自問自答しただろう。
 しかし、若者も年を取るにつれ、故郷が遠くなるにつれて、このラーメンに思いを巡らせるだろう。父母と一緒に食べた、友達と学校帰りに食べた堀田食堂のラーメンを、たまらなく懐かしく思うだろう。
 堀田食堂のラーメンは、故郷のように優しく包みこんでくれる、そんなラーメンである。



 

筑肥線

IMG_0416

 土曜日、筑肥線に乗って久しぶりに唐津まで行ってみた。
 途中、筑前前原駅で西唐津行きに乗り換える。しばらくすると、右手に背振山系の峰々が車窓に広がり始める。車窓に見えているのは二丈岳だろうか。麓の新緑が薫るようにまぶしく、車内には初夏の到来を感じさせる陽が差し込んでいた。

 そんな牧歌的な風景を左に見て、右には玄界灘の青い海を見て電車は西へと進んで行った。しばらくその風景の中を揺られていた。






Saturday, April 14, 2018

宝来軒

IMG_0363

 熊本城のたもとに宝来軒と言う小さな中華料理屋がある。昨年、熊本城を訪れたときから、その小さな食堂が気になっていた。先週、熊本城に行く途中、その食堂で昼食をとることにした。

 大通りの角に面した店の戸を開けると、高齢の奥さんと野球帽をかぶった店主がにこやかに迎えてくれた。時刻は11時過ぎ、店内に先客はいなかった。
 ひと通りメニューに目を通して私は焼きビーフンを、連れ合いは皿うどんを注文した。野球帽の店主が鍋を振るい出す。ガシャガシャガシャ、コンコン、ガシャガシャ、コンコン。中華鍋の中で具材が舞い、お玉が鍋肌をかき回す音が店内に響く。その音を聞きながらできあがりを待つ。そして出てきた焼きビーフンの写真がこれである。
 値段は580円。おそらく値上げもせずに頑張っておられるのだろう。その値段とボリュームに申し訳なく思いながら料理に箸をつける。

 食べ始めて、とあることに気づいた。それは野菜の切り方が長崎風なのである。長崎では皿うどんやちゃんぽんなどに入れる野菜を、千切りにするのである。少なくとも博多では千切りにしない。気になって連れ合いの皿うどんを少し食べてみる。長崎ほどの甘さはないが、長崎の味に近い。さらにメニューを見ると、酢豚ではなく酢排骨(スーパイコ)と書かれている。長崎では酢豚と言わず酢排骨と言う。恐らく長崎で修業されたのだろう。
 ひと通り料理を作り終えた店主に話しかけてみる。創業を聞くと、「もうここに店を出して48年になります。」と言われた。昭和44年、私が小学校に上がった年に、この店はオープンしたことになる。
 私が「長崎で修業されたのですか?」と尋ねると、振り返って「どうして分かったのですか?」と驚かれ、私が「酢排骨」のことを話すと「同業者の方ですか?」と言われ笑ってしまった。
 あとでネットで調べてみると、熊本震災で大きな被害を受け、11カ月かけて昨年3月に店を再開されたらしい。恐らく、ご夫婦ともに八十に近い年齢ではないかと思う。災害に負けず復興された、その熱意と苦労に頭が下がる思いである。

 お勘定を済ませ、奥さんからお釣りを受け取る。厨房の中から「また近くに来たら寄ってください。」と野球帽の店主が笑顔で私たち言う。「また来年来ますよ。」と言って店を出て、大きく膨らんだお腹を抱えて、熊本城へ向かったのだった。




肥薩おれんじ鉄道

IMG_6439

 写真は肥薩おれんじ鉄道の車内で撮ったものである。登山中の滑落事故から1年、約1カ月の入院生活を送った熊本を1年ぶりに訪れた。

 八代から肥薩おれんじ鉄道に乗り換え、日奈久温泉へと向かう。まださくらが残る八代の野に、小雨が降りだした。数日前までは20度を超える陽気であったが、寒気が流れ込み、山沿いでは雪が降るだろうと天気予報が報じていた。季節が逆戻りしたような気候であった。
 2両編成の先頭に幼い女の子がじっと立ちはだかり、その切り通される風景を見入っている。この春、大学を卒業した娘が小さかったころを思い出しながら、その愛らしい光景にシャッターを押した。

 肥薩おれんじ鉄道は、九州新幹線 新八代駅-鹿児島中央駅間の開業に伴い、JR九州から経営移管された、旧鹿児島本線八代駅-川内駅の区間である。
 もう30年以上前のことになるが、私が社会人になった時、最初の勤務地が鹿児島だったため、実家の鳥栖に帰省するたびに、何度もこの路線を往復した。八代を少し過ぎたあたりから、不知火海が右手に広がり始める。その延々と続く海を眺めなら郷里の遠さを思った。

 そんなことを思い出しながら電車に揺られていた。30年以上前の残像を記憶の奥から引き出して、日奈久温泉に向かったのだった。





Wednesday, August 09, 2017

仲間

IMG_3183

 久しぶりにブログを書いている。実は3月に山に登った時、滑落事故を起こし救急ヘリで病院に運ばれ、しばらく入院していた。
 下山中に近道をしようとして谷に下り、足を滑らせ5mほど滑落したのであるが、友人たちが救急ヘリの出動を要請してくれて、一命をとりとめることができた。
 頭部を打っていたので滑落直後の記憶はなく、気付いた時には熊本市内の病院の集中治療室にいた。

 あれから4ヶ月が過ぎ、ふたたび友人たちと久住に向かった。まだ体調が万全ではないため、湿原を歩くだけにとどめたが、目の前の久住連山を見上げながら、ふたたびこの地に立てたことに感謝した。
 友人たちと歩きながら、昨年秋にこの道を歩いたことを思い出していた。振り返ると久住の山々が雲の合間から頂を覗かせている。その山々に登ったことが夢のよう思える。
 秋にはまたあの山頂に立ちたいと強く思った。赤く紅葉で染まった峰々を、この仲間たちと歩きたいと思ったであった。






Sunday, January 22, 2017

東京

31990183300_0e8ee3a2d2_o

 
  
  10年前のことを思い出しながら
  この風景をしばらく眺めていた。
  今よりも少し若かったあの頃のことを
  思い出していた。








Sunday, January 15, 2017

新春

IMG_1142


 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
 1月も早15日。月半ばとなってしまいましたが、皆様におかれましては清々しい正月をお迎えのこととお喜び申し上げます。私はと言うと、年末から右膝が痛み、足を引き摺りながら新年を迎えました。昨日も病院で治療を行い、発症から2週間ほど経ってようやく痛みがおさまってきました。

 今年の抱負はというと特にないのですが、健康であればそれでいいと、最近はそう思うようになってきました。
 来月は友人たちと雪山に登る計画があり、それまでには足を完全に治し、ベストコンディションで登りたいと思っています。今年も色々、登山やウオーキングの計画がすでに詰まっており、ひとうひとつに情熱を注ぎ込み楽しみたいと思っており、その風景の一部をブログにて紹介させていただきたいと思います。


 どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
 




Saturday, December 31, 2016

よい年を

最後に追加した項目-78

 年末恒例の旧友たちとの忘年会を終え、先程帰宅した。女房は今日もパートに出掛けているため、これから私が掃除をして年越しの準備をする。
 2016年も無事に終わろうとしている。家族全員、この一年病気もせず事故もなく過ごし、平穏な一年であったことに感謝したい。
 来年は55才になる。そろそろ、真剣に老後のことを考えないといけない時期になりつつある。友人の一人が、俺たちにはもう時間があまりないと昨夜の忘年会で言っていたが、この健康、体力を維持できるのは、あと10年ぐらいだろうと思う。
 小学生の時に、まだまだたっぷりあると思っていた夏休みが、お盆を過ぎて残りわずかとなったことに気付き、途方に暮れた気分になった。それに似た悲しさを最近感じるようになってきた。
 今年一年、仕事も趣味も充実していた。来年もさらにその延長でいれるように努力したい。限られた夏休みを有意義に過ごし、自由研究の課題を仕上げなければならないと思うのであった。

 今年一年、私のブログにお越しいただいた皆様に感謝を申し上げます。
 以前ほど投稿ができておりませんが、それでも、今後も続けて行きますので、思い出したらお立ち寄りください。
 
 よい年をお迎えください。


                                     盆暮
 



Monday, December 12, 2016

下北沢

最後に追加した項目-26




   下北沢で、娘と娘の彼氏と三人で飲んだ。
   金曜の夜、行きつけの小さなバーで。
   客は俺たち三人だけ。
   俺はウオッカを三杯。
   娘はジュース。
   そして、娘の彼氏はファジーネーブル 。
   娘の彼氏は、いいやつだった。
   俺より、多分いいやつだと思う。





Sunday, December 11, 2016

東京タワー

最後に追加した項目-34

 今年最後の出張で東京に行った。今年一年、お世話になった方々に年末の挨拶をし、夜は久しぶりに娘と会って、新橋のホテルに泊まった。
 翌朝、朝食を取ろうと部屋を出ると、廊下の突き当たりのガラス窓に、東京タワーがいきなり現れた。まだ眠気が残る中、澄みきった青い空にそびえ立つ東京タワーを、立ち止まってしばらく眺めた。

 東京タワーの完成は昭和33年。この地に半世紀以上立ち続けている。その存在は戦後復興の象徴として、今もあり続けている。
 東京スカイツリーができてからは、観光名所としての役割を譲りつつあるが、かけがえのない思い出は、私たちの心の中に消えることなく刻まれている。
  若い頃、従弟たちと六本木で飲んで見上げた東京タワー。会社の窓から残業を終えて見た東京タワー。転勤で東京を去る時に家族4人で登った東京タワー。東京タワーの近くで一時期働いていたこともあり、私も思い出は多い。

 2020年には東京オリンピックが開催される。東京、日本は、今あらたな時代を向かえようとしている。 その大きな流れの中に東京タワーは立っている。時代を俯瞰するように立ち続けている。
  久しぶりに見た東京タワーをスマートフォンで写真に納め、その場を後にした。