Sunday, October 26, 2014

手相



  昨日今日と近くの広場でイベントが行われた。イベントは半年に1回行われ、近隣の飲食店が屋台を出して自慢の一品を争う、分かりやすく言えば地元密着型のB級グルメコンテストである。
 会場にはグランプリを狙う焼きそば、ホットドック、カレーに焼き鳥などの屋台が軒を列ね、そして、フリーマーケットの店や骨董品などのお店も出店する。中央にはステージが作られ、生バンドの演奏やダンスなど披露され、毎回私はこのイベントを楽しみにしている。

 昨日、昼過ぎに会場へ行き、ひとりでハイボールを飲んでバンドの演奏を聴いていたら、ご近所のY子さんに出会した。Y子さんは不意に私に左手を差し出し、たった今、会場に店を出している手相師に見てもらったとのこと。「結構当たってたんですよ。」と言って、金色のカラーペンでなぞられた自分の手相をしげしげと見つめていた。
 それならば私もと、Y子さんと一緒に手相の店へ行った。手相師は年齢40才位の男性。占い師と言うよりも、風貌はミュージシャンのようである。手相師の前に座り両手を差し出すと、金色のカラーペンで私の左手の線をなぞりながら説明を始めた。
 まずは生命線をなぞりながら、健康には問題ないですねと手相師は言った。次は感情線に目を凝らしながら、とても心が広い方だと言う。ちょっと照れながら聞いていると、勘が鋭いがそれを役立てていない。お金にあまり興味はないようだが、それでもお金に困ることはない。そして、幼少期は複雑な環境で育ったようですねと言った。当たっているかどうかは微妙なところだが、手相師の説明を頷きながら聞いた。
 今度は右手を見ながら、左手と比較して行く。手相師の話しによれば、右手は過去の相のようである。右手はマスカケになっており、本来、頑固で引っ込み思案の性格だったが、それが左手の相へ変化して行ったのだと言う。
 手相師はまた左手に戻り運命線をなぞりながら、これからは自分のことに集中すべきですと言った。例えばあなたは飲み会に言っても、浮いている人はいないかと気遣い、飲み会自体を存分に楽しんでいないのだと言う。
 そして、私の左手を握りながら手相師は、この手相の欠点を言えば、もっとあなた自身がやりたいことを追求することですと言い切った。分かりやすく言えば、少年がプロ野球選手になることを目指し、そしてそれを目標にひたすら頑張る。やがて運気は上昇し努力が実ってプロ野球選手になる。そうすると人脈も広がり、お金も入って来るようになる。しあわせになるセオリーを手相師は少年とプロ野球を例に説明した。
 説明が終わると手相師はペンを置き、それにしても珍しい手相ですねと言った。私は私の手相のどこが珍しいのかさっぱり分からない。それでも、これから生きて行くヒントをもらったような気がした。

 それから生バンドの演奏が響く中、私とY子さんはステージ前のイスに座ってハイボールを飲みなが話し込んだ。二人で金色のカラーペンでなぞられた左手を差し出しながら、これからどう生きるべきかを、ああでもないこうでもないと話し込んだのだった。

















Saturday, October 18, 2014

うどん





 金曜の夜。小林君と二人でうどんを食べた。
 俺はえび天、小林君はきつねだ。

 こっちでズルズル、あっちでズルズル。
 ズルズル、ズルズル。ズルズル、ズルズル。
 あ〜、ズルズル。ふーふー、ズルズル。
 ズルズル、ズルズル。ズルズル、ズルズル。

 わずかに俺の方が早く食べ終えて、小林君を見た。
 小林君はまるで祈りを捧げるようにどんぶりを両手で抱え上げ
 最後の一滴を飲み干していた。
 そしてその最後の一滴を飲み干すと、静かにどんぶりをカウンターに置き
 ニコッと笑った。 

 金曜の夜、僕らはうどん屋でささやかに週末を迎えた。





 

Monday, October 13, 2014

スタンドバイミー

 
 三連休、郷里に帰り旧友たちと長崎本線沿いを歩いた。最近は飲み会だけの企画だったので、久しぶりにみんなで歩いてみようかと、友人のYが言い出したのである。
 色々とスケジュール調整に難航したが、それでも4人が集まった。朝5時に起きておにぎりを握り、水筒にお茶を入れて集合場所であるJR中原駅へと向かった。
 駅に到着するとすでにYは駅舎の前で私たちを待っていた。煙草を一本吸い終わると、線路沿いの道を次の吉野ケ里公園駅まで歩き始めた。右手には黄金色に輝く田んぼが一面に広がっている。時折、電車が私たちの左側を通過して行き、南からの風がぎっしりと実った稲穂を揺らす。歩き始めてから2時間。あっという間に目的地の吉野ケ里公園駅に到着した。
 その様子をフェイスブックにアップしたら、「スタンドバイミーみたいですね。」と近所の人がコメントをくれた。そのコメントを読んで、少年時代のことを思い出した。少しだけやんちゃだったあの頃を。今度はちょっと線路上を歩いてみようかと、思ったのだった。











Sunday, September 28, 2014

文化祭




  高校の娘の文化祭に家内と出掛けた。
  今年高校に入学した娘。その校舎に私は初めて入った。活気のある女子校で
 その活気が校舎の中まで満ち溢れているような感じがする。窓から外を眺めると
 福岡タワーと赤銅色に輝く福岡ドームの屋根が見える。悪くない景色である。
  一通り校舎の中を歩き、食堂でカレーライスを食べた。そして、きつねそばと
 娘おすすめの鶏の唐揚げも少し食べてみた。お腹いっぱいになって高校を後にした。
 娘と同じ景色を眺め、娘が日頃食べているものを口にし、少しだけ娘のことが理解
 できたような気がしたのだった。





Sunday, September 21, 2014

蚤の市にて






 蚤の市。売っている物よりも、買っている人に興味を覚える。
 みんな色んな物を手に取って、買って行くのです。







Sunday, September 07, 2014

9月






 木陰にて最期の蝉時雨を聞く。
 おそらく、今年最後の蝉時雨を。







Sunday, August 24, 2014

麦わら帽子








  夏の終わりの浜辺では、麦わら帽子がまぶしく光っていました。








Friday, August 15, 2014

飯田高原




 飯田高原までドライブした。写真は飯田高原にあるエルランチョグランデと言う乗馬場である。別に乗馬をするわけではないが、この乗馬場を過去何度も訪れた。
 初めて飯田高原を訪れたのは高校三年の夏だった。夏休み、友人三人で飯田高原のペンションに泊まることにしたのである。豊後中村駅からバスにのり、長者原で降りて、ペンションのオーナーが迎えに来てくれるのをドライブインで待った。
 その年は記録的な冷夏で、飯田高原は霧のような雨が降り続けていた。九重山から降りて来る登山客で、ドライブインは賑わっていた。おみやげコーナーを物色しながら、私たちはオーナーが来るのを待った。店内では芹洋子の坊がづる讃歌が流れていた。少し悲しげなメロディーが、何度も何度も繰り返しかかっていたのを覚えている。
 翌日、小雨が降る中、私たち三人は自転車に乗ってこの乗馬場を訪れた。ウエスタン調の店内を見て回り、当時付き合っていた女性にここでカウベルをお土産に買った。そしてまた、雨の中を自転車に乗ってペンションに帰った。

 あれから34年が経った。そして今年、あの年の夏と同じように九州は雨が降り続いている。私はこの記事を書きながら34年前の夏を思い出している。マンションのベランダから雨を眺めながら、高原を自転車で彷徨う自分を探している。











Sunday, August 10, 2014

夏祭り







  宵祭り。甘い香りに包まれて。








Sunday, August 03, 2014

ベビーハム




 写真はマルハニチロ㈱のベビーハムを炒めたものである。博多のとある居酒屋でメニューにあったので注文してみた。
 ベビーハムは魚肉を原料としたソーセージで、今年生誕60年を迎えるロングセラー商品である。私はてっきり全国区の商品と思っていたが、マルハニチロのHPによると、福岡から広島地方にかけて販売されているようである。
 私が生まれ育った地方では、私がまだ幼かった頃、ソーセージと言えば魚肉ソーセージのことであり、ベーコンと言えば鯨の赤いベーコンであった。ベビーハムは本物を知らない、本物を買えない庶民のために、当時マルハが代替物として世に送り出した商品であり、高度成長期における食生活に、大きく貢献した商品と言っても過言はないと、私は思っている。

 いつしか私たちは豊かになり、本物のハム・ソーセージが食卓に登場するようになった。食べ慣れた魚肉ソーセージとはまったく異なる本物の味に、私たちは驚き魅了された。御歳暮にハムの詰め合わせをもらうと、少年だった私は飛び跳ねて喜んだのだった。
 しかし時は更に進み、私たちは今こうやってベビーハムを美味しく食べている。子供の頃を思い出して、ベビーハムを頬張りビールを飲んでいる。このハム一切れに慎ましく生きていた昭和を思い出しながら、お世話になりましたと感謝しながら食べているのである。