Sunday, February 14, 2021

志賀島

IMG_5885

 土曜日、写真を撮りに行こうと意を決し、博多港から船に乗って志賀島へ向かった。志賀島は博多湾の北部に位置し、島とは言いながらも砂州により陸続きになっている半島で、「漢委奴国王」と刻まれた金印が発見されたことで有名なところである。

 志賀島へは何度も行ったことはあるが、船で渡ったのは子供の頃に父に連れられて海水浴に行った以来である。埋め立てにより大きな変貌を遂げた百道地区。そのシンボルとしてそびえる福岡タワーと赤銅色に光る福岡ドーム。当時と変わらないのはふ頭に立つ博多ポートタワー(博多パラダイス)がだけである。ひとり船上から風景を眺めながら、しばし昔の記憶を辿ってみたのだった。

 


Monday, February 01, 2021

グリーンカレー

Untitled

 土曜日の夕方、女房がカレーをみんなで食べに行こうと言い出した。女房と娘が好きなのは、今流行りのスパイシーでシャバシャバしたカレーである。私が好きなカレーは欧風の昔ながらの洋食屋が出すようなカレーだ。どこの店に行くのか?と尋ねるが、店まではまだ決めていないようだ。
 どこにしようかと女房と娘が話している横で、そういえば近所のライブハウスのO君がコロナでライブができないからと、カレーのイートインを始めたのを思い出した。
 私は女房と娘にO君のライブハウスに行ってグリーンカレーを食べる提案をしたら、娘がそこで良いよと言ってくれたので、家族三人で歩いてO君のライブハウスに出かけた。
  
 ライブハウスに着くとO君と従業員のK君が明るく迎えてくれた。バーコーナーのテーブルでカレーができあがるのを待つ間、従業員のK君が娘にステージの方を見せてくれた。
 K君が娘と女房に音響のことやライブのことなどを説明してくれる。薄暗いステージにはPearlのドラムセットが置いてあり、ドラムの縁に入口の照明の光が少しだけ反射して見えた。そのドラムセットの前でK君と娘と女房の3人で写真を撮って、バーコーナーに戻るとほどなくグリーンカレーが出来上がった。写真がそのO君が作ったグリーンカレーである。
 この手のカレーを私は普段食べないが、ココナッツミルクの味がする本格的なグリーンカレーではないか。あっという間に食べ終えると汗が頭からじわじわと吹き出してきた。

 新型コロナはいまだに終息する気配がない。そんな中でカレーを作って、何とかこの苦境を乗り越えようと頑張っているO君たち。明るく振る舞う彼らに頭が下がる思いがした。帰りに、配達もしますからとO君がメニューが書かれたチラシをくれた。
 桜が咲くころにはライブが再開できるようになるのだろうか。いや、必ずなってほしいと思いながら家族三人店を後にした。





Sunday, July 22, 2018

一目山

IMG_8168




 それはまるで、夏空へと続く滑走路のように
 遮るものもなく真っすぐと
 草原の中に道があった






Sunday, July 08, 2018

博多祇園山笠

IMG_8106

 5日より北部九州は記録的な大雨に見舞われ、福岡市内でも避難指示や避難勧告が発動され、今も引き続き注意が必要な状況にある。
 昨年襲った九州北部水害の爪痕も癒えない中、ただただ被害の拡大がないことを祈るばかりである。

 そんな予断を許さない状況ではあるが、博多の町は刻々と山笠ムードに包まれつつある。長法被にステテコ姿の男衆が博多の町を闊歩し、博多の町に夏の到来を告げて回っている。15日のフィナーレ”追い山”に向けて、さらに博多の町はボルテージを上げていくだろう。

 週明けから天気は回復に向かい、その後は晴天が続くようである。おそらく、この雨が上がりきれば博多も梅雨明けだろう。
 山笠が博多の町を駆け抜ける姿が待ち遠しい。まぶしい夏の到来が待ち遠しい、今日この頃である。








 
 

Saturday, June 30, 2018

新橋カリカル

IMG_0769

 今週、出張で日曜から火曜まで東京にいた。
 久しぶりの東京はすでに夏の暑さ。人が多いからかもしれないが、博多より暑苦しく感じる。その暑さの中、キャリーケースを引きずりながら取引先を回る。立ち止まると汗が、ワイシャツの中を滴り落ちてくる。昼食をとる間もなく、地下鉄を乗り継ぎスケジュールを予定通りにこなしていく。その移動の間に遅い昼食をとったのが、新橋駅前ビルの老舗カレー屋”カリカル”である。
 カリカルは創業1958年とあるから、東京タワーの竣工と同じであり、人間でいえば今年還暦を迎える。60年間、新橋カレー界を牽引してきたのである。
 写真は私が食べたチキンカレーである。値段は820円。決して安くはないが、欧風のスパイシーなカレーで、私たちの世代が慣れ親しんだ、懐かしさを感じるカレーである。 一体今まで、何人の人がこのカレーを食べたのだろうか。この界隈のサラリーマンなら、一度はこの店に行ったことがあるのではないだろうか。新橋サラリーマン物語の一面を語る店である。
 一気に食べ終えて支払いを済ませ店を出る。改札を目指してまたキャリーケースを引きずっていく。カレーの辛さに刺激され、汗が噴き出てくる。ハンカチで額の汗を拭いながら次の取引先に向かったのだった。


 

Sunday, June 17, 2018

猟師山

IMG_7923




  ミヤマキリシマが散れば、久住はもう夏山になる。 
  まぶしい夏が、始まろうとしていた。







Sunday, June 10, 2018

ホーム

IMG_0647

 友人の父が亡くなり、お通夜に参列するため、急遽鳥栖に帰った。
 お通夜が終わり、集まっていた友人たちと居酒屋で飲み、スナックをはしごしてその日のうちに博多に帰った。
 写真は鳥栖駅1番ホームで、上り電車を待つ間にスマートフォンで撮ったものである。時刻は10時40分。湾曲したホームを蛍光灯が優しく照らしている。そのホームに女性がひとり、上り電車の到着を待って立っている。おそらく仕事帰りだろう。無事に一日が終わった安堵感のようなものを感じる。

 その情景に引きずられながら電車に乗る。心地よい揺れに誘われ、目が覚めたら博多駅。危なく乗り過ごすところであった。


 


Saturday, June 02, 2018

岩井川岳

IMG_7637
 先週日曜日、九重の岩井川岳と扇ヶ鼻に登った。瀬の本高原の林道から入り、約2時間掛けて山頂に到着した。
 写真は岩井川岳山頂で撮ったものである。鬱蒼とした林道を抜けた途端に視界が開け、広々とした笹原にミヤマキリシマが咲き広がっていた。
 しばらく私たちはその風景に見とれていた。その野原に立ち、今まで見たことがなかった九重の風景に、ため息をついて立ちすくんだ。







Sunday, May 13, 2018

メニュー

IMG_0507



  GWも終わってしまって
        部下と居酒屋でメニューを見上げる水曜日。
  うれしそうに見上げる部下たちの顔を見て、微笑む上司。
  じゃんじゃん注文していいから。
  大丈夫、わが社の将来も明るいから。








Saturday, May 05, 2018

山の彼方のちゃんぽん

IMG_0473

 5月4日、JR筑後草野駅から耳納山地を越えて八女市上陽町まで歩いた。いつも耳納山地を北側から眺めていて、南側にどんな町があるのか気になっていたのである。
 距離にして約20キロメートル、ほとんどすれ違う人もいない。耳納平を越えて八女側に入ると、茶畑が点在していた。おそらく南側の斜面が、北側のうきは側の斜面より陽当たりが良く、お茶の栽培には適しているのだろう。
 山間部には集落が点在していた。こんな山奥にも集落があったのかと驚く。里山を絵に描いたような、手入れが行き届いた田畑に家々。集落には、5月のまぶしい日差しが差し込んでいた。

 スマートフォンの地図で現在地を確認しながら、ひたすら山を下りる。時刻は午後1時、歩き始め5時間、ようやく山を下り切り上陽町の町中にたどり着いた。
 バス停で時刻表を確認して、一軒の食堂に入る。屋号は大勢屋。年老いたご夫婦が二人で店を切り盛りされていた。
 忙しそうにされていたので、注文を聞かれるまで待っていると、「ちゃんぽんですよね?」と、ひと区切りついたおばさんがようやく私に聞いてきた。おそらくこの店はちゃんぽんが一番の人気メニューなのだろう。迷うことなくちゃんぽんを注文する。写真がその大勢屋のちゃんぽんである。
 驚いたことに、ネギが乗っている。しかも、かまぼこまであと乗せである。この辺りでは、このスタイルがスタンダードなのだろうかと思うと楽しくなってくる。すこし甘めでクリーミーなスープが、歩き疲れた身体にじんわりとしみてくる。
 しかし、バスの時刻まであと20分。悠長に食べている時間はない。一気に食べ終え、勘定をしてもらう。「お待たせしてすいませんでした。またよろしくお願いします。」とおばさんが釣銭を渡しながら私に言う。また来なければいけない。山を越えてネギの乗ったちゃんぽんを、今度は高菜チャーハンと一緒に食べよう。そう思いながらバス停に向かった。