Sunday, December 12, 2010

基山



 昨日、基山にひとり登った。これが今年の登り納めになる。JR原田駅から歩き、1時間ちょっとで山頂にたどり着いた。山頂では中学生の一行が弁当を広げ食べていた。昼食を済ませていた私は、コンロでお湯を沸かしコーヒーを入れた。
 私はあまりコーヒーを飲む方ではないが、山頂で入れるコーヒーは格別に美味しく感じる。汗で冷えた身体を一杯のコーヒーが暖めてくれる。見事なくらいに身体に生気が蘇るのである。
 コーヒーを飲みながら眼下を見下ろす。時折吹く冷たい風がすすきを揺らす。薄雲の向こうに筑紫平野が顔をのぞかせている。殺伐とした風景に年の瀬を感じる。あまり良い年ではなかったが、それでも大過なく一年を終えようとしている。そんなことを考えながら、コーヒーカップを片手にしばらく眼下の景色を眺めていた。気付いたら、山頂は私だけになっていた。


Blogged with the Flock Browser

2 comments:

ondoyama said...

BONKLEYさん
山頂で入れたてのコーヒーが飲めるというのは、贅沢な時間ですね。
若い時に山上でテントをはった時には、ビールが最高でしたね。降りることを考えると、やはりコーヒーのほうがいいですか。
ポットに入れたコーヒーを今度はもって行きたいと思いました。

bonkley said...

下山したらビールを飲みますよ。
だから下山するときは水分補給を控えめにして
喉をカラカラにさせます。
これがまた美味いですね。
美味いビールを飲むために登ってるのかもしれません。