Sunday, December 04, 2011

いちょう坂






いちょう坂。私が勝手にそう呼んでいるだけで、名所でも何でもない近所の名も無き坂である。
去年のブログの記事を見ると、昨年より10日程遅く見頃を迎えているようである。
昨日、気になっていたので見に行ってみると、雨上がりのいちょう坂は雨露で光沢を帯び
黄金色にまぶしく輝いていました。










Blogged with the Flock Browser

6 comments:

ondoyama said...

いちょう坂。
光っていてきれいです。
こんなにうまく敷かれているのは、イチョウの街路樹が等間隔に植えてあるのでしょうね。

Milu said...

黄金に輝くイチョウ坂、実が落ちていたら写真は撮れなかったかしら? ^^;
銀杏あげ、食べたいなぁ〜〜〜

shironko said...

かっこいい坂道ですね。
階段の厚みが素敵。
私は毎年このいちょうの葉を拾っては、デザイン性の高さに感心してしまいます。
他の葉っぱとかけ離れすぎ。
どうなってんだ。

bonkley said...

ondoyamaさん

気にしたこと無かったけど、等間隔になっているかも
しれないです。気になるので、今度見ておきます。


MIluさん

この坂のイチョウは雌木ようで、実はならないみたいです。銀杏あげ、私も食べたくなりました。


shironkoさん

そう言えばイチョウの葉の形って変わってますよね。
私はつい、三味線のバチを思い出してしまいます。

miisa said...

イチョウの木がある事が羨ましいです。
沖縄にはイチョウも紅葉も無い…
紅葉とは無縁なのですよ。うぅ…

bonkley said...

miisaさん

いつのまにかアイコンの写真が変わってる!
左手に持ってるのはなんでしょう?
沖縄には紅葉はないかもしれないけど、青く澄んだ
珊瑚の海と、突き抜けるような青空があるじゃないですか。
そっちの方が、ちょっと羨ましいです。