Sunday, May 08, 2016

六六軒

最後に追加した項目-24

 六六軒は佐賀県鳥栖市にあるラーメン屋である。創業43年、少年時代から通ったラーメン屋であるが、今月末をもって閉店することになった。最後にもう一度食べておきたいと思い、郷里へ帰る途中立ち寄った。
 六六軒の店主はラーメン屋を開業する前、食料品の販売を当時行っていた私の実家に出入りされていた。店主は私に記憶はないと思うが、私はその当時の若く溌剌とされていた店主の事を記憶している。当時幼かった私が会話をすることはほとんどなかったが、それでも真っすぐで正直な人だったと記憶している。
 店を畳まれる理由を私は知らないが、恐らくは高齢になられたことが、その理由だろうと思う。地域に愛された店が無くなるのは本当に残念であるが、それは仕様がないことである。始まりがあれば必ず終わりがあるのである。
 長い間、お疲れまでした。そして、ありがとうございましたと心の中で囁きながら、最後のラーメンと炒飯を食べた。







ゴールデンウイーク

IMG_5861

 ゴールデンウイーク、友人たちと三人で耳納連山に登った。筑後草野駅を下車し、そこから森の中へ入り、発心山、耳納山、高良山と縦走した。
 耳納連山は、久留米市に端を発し、大分県境まで東西に伸びている。まるで筑紫平野への南から侵入を防ぐように横たわっている。その稜線を東から西へと辿った。写真は高良山の参道で撮ったものであるが、五月のまぶしい日射しが、参道の楓の間からこぼれ、石段をまだらに照らしていた。
 下山後、ラーメン屋でビールを喉に流し込んだ。汗で水分を失った身体に、ビールが沁み渡っていく。顔からほんのりと酔いが回っていく感じが、何とも言えない。その後、銭湯に入り、そして餃子を食べて、バーで2杯ほど飲んで帰った。
 心地良い疲れと、酔いに包まれ、友人たちと電車に揺られながら帰った。とてもおだやなか気分になれたゴールデンウイークの一日であった。