Sunday, February 24, 2013

梅林にて

IMG_0113.JPG








   それぞれの フォルダで咲き続ける 梅の花かな












二人

IMG_0116.JPG








   しあわせですと、背中に書いてありました。










電気ストーブ

IMG_0005.JPG






   熱は届かないけど、眺めているだけで暖かくて。











Sunday, February 17, 2013

門司港駅

IMG_9973.JPG






 
  また来ます。今度は夏に












関門海峡

IMG_9866.JPG






  海峡を船が行き交う。東から西、西から東へと。
  暇な僕はずっとそれを眺めている。

  冬晴れの空の下、あざやかな航跡を残して船が行き交う。









港町海岸

IMG_9846.JPG







   陽が差して ポカポカポカポカ 海岸通り 













栄町銀天街

IMG_9942.JPG


 昨日、ひとり門司港の街を歩いた。写真は門司港の栄町銀天街である。衰退著しい地方の商店街の中では、まだ活気がある方ではなかろうか。人影は決して多くはないが、シャッターが下りている店も久留米の一番街などに比べるとそう多くはない。レトロ門司港の観光振興による地域活性化が功を奏しているのだろうと推測する。
 往時、石炭産業が隆盛を極めていた頃は、さぞかし賑やかだったことだろう。休日になれば子供たちは父母に連れられ外食やショッピング、映画を見たりするためにこの商店街に足を運んだことだろう。商店街に行くことがささやかな楽しみだったであろう。それが近年、郊外に出店した大型ショッピングモールへ人々の流れは変わってしまい、街の商店街は廃退し昭和の遺産と化してしまいつつある。なんとも残念なことである。
 何とか商店街に人々に帰ってきてもらう方法はないものか。廃退を食い止める方法は無いものか。地域の商工会議所や商店街組合の方々は昼夜苦悩し模索していることだろう。
 いつの日か人々が商店街に帰ってきてくれる日が来ることを、商店街好きな私は信じて止まない。商店街とその路地裏に存在する定食屋、レストラン、喫茶店、うどん屋、パン屋、ケーキ屋、そして野良猫を私は愛して止まないのである。




















Monday, February 11, 2013

コーヒーショップ

IMG_9653.JPG






  休日の朝、アメリカン一杯だけの幸せかな。











冬木立

IMG_9557.JPG







   ぬくもりは手袋の中、冬木立。













Sunday, February 03, 2013

大手門にて

IMG_9490.JPG






  お寺の前でひなったぼっこする野良猫。
  深刻な顔をして、何を考えているのだろうか。










ゆりかもめ

IMG_9388.JPG







  ゆりかもめ、右足がちょっとあぶないかもね。